スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ビーグレンならほうれい線を消す効果も期待できます!

ビーグレンはしわを効果的に消すことができます。実際にしわが消えた!という口コミもたくさん見つけることができるんですが、ではほうれい線は?というと、同じく消すことができます。

口コミの数は少ないものの、ほうれい線にもしっかり効いてくれるのがビーグレンです。


このブログでは、ビーグレンがほうれい線を消してくれる仕組みについて詳しく解説していきます。



■ほうれい線ができる仕組み

まずほうれい線がなぜできてしまうのかというと、肌の保湿力が低下して弾力が失われているからです。笑ったときなどにできるしわは、本来であれば肌の弾力によって消えるはずなんですが、肌が硬くカチカチになっているせいで、形状記憶してしまうわけです。

私たちの体には「同じ状態が続くとその状態を体が記憶してしまう」という嫌な性質があるため、しわやほうれい線を消すなら、早ければ早いほうが良いんです。



肌の弾力さえ取り戻せば、ほうれい線は自然と薄くなっていきますので、とにかく保湿力を取り戻すことがほうれい線の解消には必要不可欠となります。



■ほうれい線が消える仕組み

ビーグレンでほうれい線を消してくれるのは主にビタミンC美容液の「Cセラム」の役割になります。ビタミンCが肌の保湿力アップに効果的なんです。

肌の保湿力が下がってしまう原因として、保湿力を失った角質(肌表面の古い皮膚)が、剥がれ落ちずに、いつまでも肌表面に居座ることがあります。



肌の新陳代謝の力が弱くなっていて、角質を剥がれ落ちさせることができなくなっているんですが、ビタミンCの力で新陳代謝を効果的に促すことができるんです。

ビタミンCには他にもコラーゲンン生成力を高めたり、抗酸化作用で肌をダメージから守ってくれる、非常に有能な美容成分なんですが、成分が壊れやすいという欠点があるんです。



しかも肌への浸透力も絶望的に弱いので、従来のスキンケア用品ではそのまま使われることなく、ビタミンC誘導体という劣化版を使うしかありませんでした。

ビタミンC誘導体はビタミンCの周りにいろいろくっつけて壊れないようにして浸透力を強めているんですが、余計なものが増えている分、濃度が薄まってビタミンCの効果も薄まってしまうんです。



ビーグレンはその点、ビタミンCそのものをナノカプセルの中に閉じ込めることができます。そのため、肌の奥に100%濃度のビタミンCをそのまま届けることができます。

しわができている部分のさらに奥まで浸透していきますから、しわを押し出すように新陳代謝を促してくれるわけです。



ビーグレンには他にもコラーゲンの生成力アップに効果的なポリリン酸という新しい美容成分を採用した10-YBローションという化粧水もあります。

肌の新陳代謝を改善しさらに、保湿成分のコラーゲンの量が増えれば、嫌でも肌の弾力がよみがえって、ほうれい線をどんどん薄くしてくれます。



しわやほうれい線も効果的に消してくれるビーグレンの効果をトライアルセットで体験してみるにはこちら
↓↓↓







ビーグレンの10-YBローションにに使われているポリリン酸とは?

ポリリン酸は、ノーベル賞を受賞した科学者が開発した新成分で、FGFというたんぱく質の働きを促す効果があります。
FGFとはどんなタンパク質なのかというと、コラーゲンやヒアルロン酸など、保湿成分を生み出している線維芽細胞を増やすんです。

FGFが活発に機能するほど、FGFの量がおおけれ多いほどコラーゲンなどの生成量が増えるわけですが、FGFを人工的に増やすのが難しいんです。
そこでポリリン酸によってFGFを安定化し長時間機能できるようにすることで、間接的にではありますが、強力にコラーゲンの生成力を高めてくれるわけです。



ビーグレンの口コミ ほうれい線対策に効果的な食べ物


敏感肌用なので強い効果は期待していませんでしたが肌の調子は確実に良くなりました。



ベタベタせずに潤うし、吹き出物が出たりもなかったのでとっても良くて使い続けています



使い続けているうちに肌に透明感がでてきた気がします



気になっていたベタつきもなく、キメが整った感じです。お肌の奥から潤い、パーッと明るくなる感じもあります。



ビーグレンの効果を妨げないためにも食べ物にも気を付けるようにしましょう。しわ改善にやはり効果的なのは、コラーゲンをたっぷり含んだ食べ物です。
ただ実は、コラーゲンはゼラチンと成分がほぼ一緒。わざわざ高い値段のコラーゲンサプリやドリンクを飲まなくたって、ゼラチンで作られた食べ物を食べるようにするだけで、コラーゲンを手軽に補給することができます。

逆に、ほうれい線改善のために避けたほうが良いものは糖質(炭水化物)です。白米や、パスタ、パンなどはコラーゲンの性質を劣化させてしまうんです。
糖化という症状が肌で起きることで、コラーゲンの弾力が失われてしまい、肌がかくなりやすいので、主食の食べ過ぎには気を付けるようにしましょう。








1